【DIY】作業台グレードアップその2

前回リメイクした作業台はそれはもう素晴らしく役に立ってくれています。

しかし、使っていくとどうしても足りない部分が出てくるもので・・・

そんなこんなで作業性を求めてグレードアップ作戦実行!

1.長尺物(1380mmx10m)の保持ができるようバーを設置
2.仕事に使用する文具等の収納場所
3.足元のスペースをまとめる

 

製作途中画像はありません・・・

 

てなわけで完成画像です。

10mの長尺物は通常、ロールで巻いてる状態。部材の調達が手軽なホームセンターにある手摺棒で製作。ロールを簡単にセットできるように片方は固定せず、必要に応じてヒモで結ぶ(ちょっとメンドイけど)奥の方はピンボケですが稼働式になっていて、手摺棒が上に跳ね上がり、長尺物を差し込むことで保持できます。

そんなこんでペン立ては余っていた端材で製作。とにかく机上に物があると製作の邪魔なので袖にペン立てをすえつけました。後から考えると脱着式にしておいた方がよかったかも、ま今のところ問題はないのでこのままでしばらく様子見です。

 

 

 

んで机の下はというと、コンパネの四隅を切り抜いて、はめ込みました。固定はしていません。(面倒だし、必要性を感じなかったので)しかし、これで片付くぞと思いきや・・・現状は下の写真の通り・・・、ま、片付けやすくはなったはず、保管場所が増えたのはありがたい。仕事用の工具やツールボックスなんかも必要に応じてすぐに取り出せます。

 

材料費
コンパネ1枚1000円くらい
手摺一式3000円くらい

【DIY】作業台グレードアップ!

以前作った作業台は役目をしっかり果たしてくれるのですが・・・

なんとも決定的な弱点がありまして・・・

部屋の中に常設した場合、足元のスペースが利用できないという弱点・・・

そんなこんなで足元のスペースが有効に使えて、なおかつ頑丈な作業台を作ります。

無論予算は控えめに・・・というかもうあれですよね

お金かけるなら既製品買ったがいいような気もしますが

もちろん作ります。

便利な作業台への道のりは遠い・・・

便利な作業台への道のりは遠い

出来る限りスペースを有効に使うため、90mmの柱を四隅に設置、幕板はその半分の厚さの木材で製作

そうそう、製作上どうしてもホゾ組が必要だったので丸のこでざくざく、細かいところはノミと金槌で仕上げていきます。直角や細かいチリの精度が気にもなりますが、ホゾ組といってもネジも使用するので細かい点は無視、スピード重視です(そういえばホゾなんて作ったの初めてだった)
作業台製作第一歩

 

そんなこんなで作業台完成です。天板は以前使ったものを再利用しています。天板は以前のものを乗せ換えて作業台完成

うむうむ、足元に十分なスペースが確保できたのでよしとします。固定はコースレッドでガッチリ留めております。今度時間があるときに足元にも板を貼って収まりよくしたいところですね。どうにもやっつけ感がありますが、とりあえず目的が果たせればいいので、良しとします。

にしても

この時期の作業がキツイなぁ・・・暑すぎます。

 

使用木材
杉90×90 3000 2本
杉90×45 3000 4本

近くのホームセンターで購入、約7,000円

【ガレージ】ガレージテーブル、グレードアップ!

いやいや、仕事で時間がとれなかったりでなかなか作業が進みませんが少しづつガレージグッズも進化、タイヤに木の板を置いていたテーブル、これがガラストップになりました。

近所にできたリサイクルショップでアジアンテイストのガラステーブルがあったので、金額そのままでいいからガラスだけ売ってと懇願し手に入れました。

テーブルトップがガラスになりました。

よし、よし、いい感じだぞぉ♪

壁はというと・・・・まったく進んでおりません。仕事仲間の職人さんに軽く聞いたのですが、「壁作ったら暑くない?風抜けないよ」と一言忠告をいただきまて・・・いや、しかし壁は必要だし、うーん、確かに現状でもシャッター閉めると灼熱地獄に近いよなぁ・・・ううーん、どうしたもんかなぁ、壁そのものを開閉式とするか、大きな窓??、うーん、いろいろ考えはあるのですが、どれも低コストって感じじゃないしなぁ、うむむむむむ、