【DIY】糸鋸を入手したので

取引先の職人さんが、使うなら置いていくよと、不要にになった糸鋸(やたらデカい)をガレージに置いてってくれました。50年くらい昔のノスタルジック感が漂う機械でしたが・・・元気に動いてくれています。

本業にも活用できそうなので、時間を見てちょこちょこ練習。

とりあえずはアルファベットのウッドサイン。ウッドサイン

ん~、自分で使う分には問題ないですが売り物にするにはもっと練習が必要ですねぇ。

しかし、小学校か中学校か忘れましたが、使ったことがあったと思うのですが、あの頃よりも、この年齢になって実際に木を切って出来上がったものを見ると、感動が大きいように思います。

気分的には一気にウッドワーカー?になった感じです。

【ガレージ】外壁をどうしよう?

ガレージはひとまず壁的なものは完成したのですが・・・・

木材なのでそのままだとさすがに腐ってくるかなと

いや、一年以上、風雨にさらしている状態でいまさらな気もしますが・・・

そこで、外壁材を考えてみるのですが、これがまぁなかなか適当なものが見当たらない

見た目とコストパフォーマンスのバランスが難しいのと

仕入れ先

さらには価格

定価やらオープン価格やら設計価格やら

結局仕切りはいくらで入ってるんだよー

まったく、日曜大工DIYには世知辛い世の中です。

 

まぁ、愚痴は置いといてガレージの外壁材として目を付けたのはトタンやガルバ

これの角波がほしいのだけど・・・地元の業者で見積もり取るとネットでみた価格の倍くらいが出てくるんですよねぇ、地元に貢献と行きたいところですが・・・さすがに倍と言われるとなぁ

うーん、どうしよう

【DIY】作業台グレードアップその2

前回リメイクした作業台はそれはもう素晴らしく役に立ってくれています。

しかし、使っていくとどうしても足りない部分が出てくるもので・・・

そんなこんなで作業性を求めてグレードアップ作戦実行!

1.長尺物(1380mmx10m)の保持ができるようバーを設置
2.仕事に使用する文具等の収納場所
3.足元のスペースをまとめる

 

製作途中画像はありません・・・

 

てなわけで完成画像です。

10mの長尺物は通常、ロールで巻いてる状態。部材の調達が手軽なホームセンターにある手摺棒で製作。ロールを簡単にセットできるように片方は固定せず、必要に応じてヒモで結ぶ(ちょっとメンドイけど)奥の方はピンボケですが稼働式になっていて、手摺棒が上に跳ね上がり、長尺物を差し込むことで保持できます。

そんなこんでペン立ては余っていた端材で製作。とにかく机上に物があると製作の邪魔なので袖にペン立てをすえつけました。後から考えると脱着式にしておいた方がよかったかも、ま今のところ問題はないのでこのままでしばらく様子見です。

 

 

 

んで机の下はというと、コンパネの四隅を切り抜いて、はめ込みました。固定はしていません。(面倒だし、必要性を感じなかったので)しかし、これで片付くぞと思いきや・・・現状は下の写真の通り・・・、ま、片付けやすくはなったはず、保管場所が増えたのはありがたい。仕事用の工具やツールボックスなんかも必要に応じてすぐに取り出せます。

 

材料費
コンパネ1枚1000円くらい
手摺一式3000円くらい